リスクマネジメントで守る

今日の世界情勢のなか、あるいは日本の経済情勢をみると、やはり多くの企業が厳しい側面に立たされているとも言わざるを得ないようです。そのような時にこそ、リスクマネジメントの力が発揮されるのではないでしょうか。
バブルの崩壊、といたことも記憶に新しいと思います。当時は、たくさんの金融機関が危機的状況に陥り、最終的に企業、その多くは中小企業に対してその余波が行き渡り、倒産が相次ぐ、といった形が引き起こされました。
これは、決して企業がその経営努力を怠っていた、というわけではなく、やはり外的な要因が大きなものです。このような企業外からのリスクに対して、どのようにして企業を守るのか、といったことも、これからの課題になるでしょう。

外的要因は不況といったことばかりではありません。企業活動において、何か不祥事あるいは事件や事故が起こる可能性は、全く無いとは言い切れないでしょう。そのためのリスクマネジメントとして、管理を行っていくことは必至です。
企業を外部からいかに守るのか、外的要因というリスクに対してどのようにして守っていくのか、という考え方も大切であり、それこそが、リスクマネジメントで守ることができること、でもあるのです。
これかの社会を生き残っていくためには、当然、このようなリスクマネジメントを導入していくことが必要であり、やらなければならないことです。企業の経営者としては、企業活動と同時に行っていくことが求められています。

そのような企業あるいは会社を守るためのリスクマネジメントについて、いくつかの要点を紹介していくので、これからの企業活動の参考にしてみてください。大切なわが社をいかに守るのか、ということを考えていきましょう。